株式会社長栄

代表挨拶

不動産管理業の使命は
「入居者ファースト」を追求すること

当社は、1980年8月の創業以来、「不動産管理業を通じて社会に貢献する」を経営方針として、常に新たな挑戦と努力で着実に社業の成長と不動産管理業の発展に尽力してまいりました。

事業展開する不動産管理業においては、2021年6月15日に「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が施行されました。この法施行は、賃貸不動産の管理会社に求められる社会的責任がより強く、かつ不動産管理業の信頼や重要性が強く求められた結果であると考えております。

当社では、賃貸物件を契約する際の判断基準である「家賃や間取り、地域」という既成概念に、「管理会社」で賃貸物件を選ぶという新たな基準が加わることを志し、独自のビジネスモデルを構築しております。当社管理物件にお住まい頂いた方には、暮らしを楽しむイベントやキャンペーン、お困りごとに迅速に駆けつけるために細やかに配置された管理拠点など、「長栄の管理する物件に住みたい」と思って頂ける、「入居者ファースト」のサービス提供を今後も行ってまいります。

当社が掲げる目標は“入居率120%”であります。
変わりゆく様々な社会環境に柔軟に対応し、新しい発想と知恵を出すことで、当社が管理する物件の満室を維持し、さらにはお部屋の空き待ちをされる方が、20%出るようなサービスを実現いたします。

「入居者ファースト」の実現はテナントリテンションに繋がり、ひいては不動産オーナー様の利益に繋がります。
これからも新たな挑戦と努力を続け、更なる「入居者ファースト」の実現を進めてまいります。

代表取締役社長 長田 修

企業理念 Corporate philosophy

企業を通じて社会に役立つ「人」を育てる

経営理念 Management Philosophy

人道を重んじ正義を持って経営を行う

経営方針 Management policy

一. 管理業を通じて社会に貢献する
一. 創意と工夫で業界の発展と社会的地位の向上に努める
一. 仕事は厳しく、人に優しく人間性豊かな企業を目指す

会社概要