Tree aisle+
濱﨑 里紗さん

Profile

建築・インテリア・環境デザインコース
2回生

濱﨑 里紗さん

音楽が好きです。
初参加、頑張ります。

第19期

Tree aisle+

  • ウッド
  • デスク
  • 機能性
  • 落ち着き
  • 間仕切り
  • 隠れ家

concept

空間を分けて、通路をデザイン

target

時間と場所を分けたい人

プロジェクト進捗

キックオフ

2020/02/13 中間プレゼン

提案の説明

ワンルームでも空間を分けて使えるように木材で間仕切りをしました。
例えばこちら側はフィッテングルーム、そちら側はスタディールームと使用方法を変えられます。

居室部分だけでなく、玄関から廊下も木材で仕切りました。
廊下天井部分にはペンダントライトを取り付ける予定です。
お部屋の廊下部分をデザインすることによって、廊下以外の使い道を持たせました。

審査員コメント

  • 中澤

    今まで居室部分を仕切る案はありましたが、廊下部分のトンネルを設けるのは新しいアイデアだと思います。

  • 施工スタッフ

    トンネルの仕上げをどうするかが課題です。

  • 沖安

    空間を分ける案は結構ありますが、木のトンネルはオシャレだと思います。機能性もあるようですので、生活をもっと踏み込んで考えられたらより良いと思います。

  • 岡林

    廊下にかかるトンネルは隠れ家的な感じがして良いなと思いました。友達を呼んだ時も楽しくなりそうです。ただ家具の配置が難しそうだなと思いました。

評価グラフ

2020/03/13 最終プレゼン 完成版

濱﨑 里紗さんから一言

玄関から部屋までの「通路」をデザインしました。
トンネルは木材で作製し、時間と空間を分けて使っていただけます!

審査員コメント

  • 舩井

    トンネルは非日常的で新鮮さを感じました。壁面の面積が増えて、使用の自由度が高いのも良いと思います。あとはコストとのバランスですね。

  • 中澤

    洗練されたデザインですね。当社の管理物件を調べて、プレゼンに使っていただいたので想像しやすく、中間プレゼンの時よりも格段にデザイン内容が伝わりました。

  • 村上

    日常動線をよく考えており、収納力もあるプランだと思います。また、来客時もプライベート性があって良いと思います。木のトンネルの中が暗く感じないように工夫されたらいいと思いました。

  • 沖安

    中間プレゼンの時より、生活面をより考えたデザインに進化していて良かったです。サンプルの部屋も探してくださって、熱意を感じました。

  • 岡林

    スライドが細かいところまで頑張って作ってくれたんだな、と感じるほど素敵に仕上がっていました。生活が想像しやすかったです。個人的に提案通り、ウォークインクローゼットがあればいいなと思いました。

  • 施工スタッフ

    間仕切りの強度をどのように出すかが課題だと思います。

評価グラフ

2020/05/21 総評/表彰式

総評

京都芸術大学との産学プロジェクト「StamP!」も、第19期となりました。今回は6名の学生の方にワンルームの新しいデザイン提案をいただきました。今回は、とりわけプレゼンにおけるパースの完成度が高かったように思います。その中で、天井にドライフラワーと造花を設置するという、三浦さんの作品が最優秀賞となりました。三浦さんは1回生の時から参加していただき、今回3回目の参加で最優秀賞を受賞されました。優秀賞は、異なるサイズの箱を入居者が自由に棚やイスやテーブルとして使用できるという提案をされた大塚さんの作品でした。特別賞の濱崎さんの作品は、大学の先生の選出で、室内に木の通路を作り、空間を分けて居住する、という提案でした。

濱﨑 里紗さんがオススメする他の作品

2