レトロな部屋
宮本 加鈴さん

最終提案

第16期

レトロな部屋

優秀賞

  • あたたかみ
  • かわいい
  • 収納

Previous Next

concept

レトロで自分の好きなものにかこまれる

私がとてもバンドが好きで、グッズやCDを飾りながら収納したいな、と思いました。ポスターを貼る位置やTシャツをかけるスペースなどをこだわっています。
部屋全体はレトロになるようにデザインしました。落ち着いた色をたくさん使い、温かみがあるような部屋にしました。

target

音楽が好きで落ち着いた空間が好きな人です。

material

壁紙
天井照明
電球
床 
ラグマット
ツーバイフォー材
ディアウォール
照明(壁)
突っ張り棒
ウォールシェルフ
カーテン 
カーテンレール

cost

壁紙 ¥7,020

天井照明 ¥14,800

電球 ¥1,850

床  ¥16,673

ラグマット  ¥6,102

ツーバイフォー材
     ¥5,832

ディアウォール ¥1,760

照明(壁) ¥1,580

突っ張り棒 ¥6,752

ウォールシェルフ  ¥5,850

カーテン      ¥9900(予想)

カーテンレール   ¥2,052

合計 ¥80,171

Profile

建築・インテリア・環境デザインコース
1回生

宮本 加鈴さん

趣味・好きなもの

バンドが好き。ライブに行くこと。

子どもの頃の夢

コロコロ変わりすぎておぼえてないです

住んでみたい部屋

レトロで自分の好きなもので囲まれてる部屋

今の学科に進んだきっかけ

兄が建築学科に進んでいて、私も同じ学科に行って2人で家を建ててみたいとおもったからです

プロジェクト進捗

キックオフ

2018/08/10 中間プレゼン

  • 本やCD等たくさん置けるように棚にこだわりました

  • ポスターを飾るように照明を

提案の説明

「レトロな部屋で好きなものに囲まれる」
色をたくさん使い、ポップなレトロさを演出。好きなバンドのグッズ等、本やCDをたくさん飾れるように棚にこだわりました。

審査員コメント

評価グラフ

2018/10/17 最終プレゼン 完成版

宮本 加鈴さんから一言

結構商品を細かく調べて実際にコストもそんなに高くなく実現できるということが伝わって良かったと思います。
ただもう少しこだわったということをアピールすれば良かったかなと思います。

審査員コメント

  • 舩井

    かなり細かい部分にも考えが及んでおり、熱意が感じられます。

  • 施工自体が少なくインテリアでコーディネートされており、退去後も改修がスムーズに行えると思いました。

  • 施工スタッフ

    デザイン・コストともに良いと思います。

評価グラフ

2018/11/07 総評/表彰式

受賞された矢野さん(左)・宮本さん(右)
おめでとうございます!

総評

今回は、これまでで最多の12名の学生さんに参加いただきました。
作品については、これまでにないタイプのものもあり、幅広いジャンルの提案をいただけたように感じました。
最優秀賞は、澤江さんの「-SHIKI-」。室内で四季を感じられるようなデザインの部屋づくりをする、というコンセプトが斬新でした。
優秀賞は、趣味の映画をもっと楽しめる部屋にするという提案をいただいた矢野さんの「贅沢な空間」と、レトロな備品や小物で落ち着きのある雰囲気の部屋を提案いただいた宮本さんの「レトロな部屋」の二作品となりました。
大学の先生が選ばれた特別賞は東さんの「お茶室」となりました。
今回、コスト面も考慮いただいた作品が多く、デザイン性がありながら施工費が安価でいける五作品を実際に施工したいと思っております。

宮本 加鈴さんがオススメする他の作品

施工開始

4