猫ちぐらみたいな部屋
藤井 志月さん

Profile

建築・インテリア・環境デザインコース
1回生

藤井 志月さん

【自己紹介】
お城と猫が大好きです。
部屋のデザインを考えるのが初めてで、とても楽しいです。

子どもの頃の夢は?

お城の研究者

今の学科に進んだきっかけは?

小学生の頃から日本のお城が好きで、大好きなお城を建てる人の目線に立ちたいと思ったからです。

第23期

猫ちぐらみたいな部屋

  • あたたかみ
  • ゆったり
  • 安らぎ
  • 癒やし
  • 音楽

concept

猫ちぐらみたいな部屋

target

・歌手の「スピッツ」、猫が好きな人
・のんびりゴロゴロしたい人

プロジェクト進捗

キックオフ

2021/11/24 中間プレゼン

提案の説明

スピッツさんの「猫ちぐら」という曲からインスピレーションを受けていて、
・自然素材のシートを織って部屋の壁面に貼る。
・猫ちぐらの入口をイメージした丸いアーチ素材を窓に取り付ける。
・畳を敷く
・「景色を描き加える」という歌詞から、フォトフレームを使ったメモのようなものを作る。
というものを考えています。

審査員コメント

  • 岩本先生

    猫ちぐらみたいな部屋ができたら、とても心地よい空間になりそうだなと思いました!フォトフレームが生活に組み込まれた時にどのような空間に仕上がるのか楽しみです!

  • 山岡

    もともと和室の部屋に施工してみてもいいかなと思いました。
    耐久性が少し気になりました。

  • 沖安

    ファミリーマンションの和室での施工だと現実的かな?と思います。麻の編み目部分の施工をどうするか考えていただけると良いです。

  • 岡林

    プレゼン内容がしっかりしていて、説明もとても分かりやすかったです。音楽からインスピレーションを受けていて、素敵なプランだと思いました。麻の強度や取り替えする場合はどうなるかなど案を練っていただければと思います。

  • 施工スタッフ

    最終プレゼンでは麻をどうやって壁に取り付けるか発表していただきたいです。

評価グラフ

2022/02/03 最終プレゼン 完成版

藤井 志月さんから一言

麻のシートを編んだり、丸い形にしたものを部屋の「三面」に貼って、猫ちぐらの中にいるような感覚になれるお部屋です。猫のようにゴロゴロできます。
「景色を描き加えることのできる」フォトフレーム兼メモをつくって、よりスピッツの曲にある「猫ちぐら」の世界を体験できます。

審査員コメント

  • 松本先生

    イメージパースがとても分かりやすいですし、模型もよくぞここまで壁を編んで貼り終えましたね!もし実際に施工となれば、この麻シート壁と窓廻りをどう感じるのか?見てみたいところです。

  • 岩本先生

    部屋全体が優しい空気に包まれた、リラックスできる空間になりそうだな、と思いました!のんびり暮らしたいという想いがとても忠実に表現されていると思います。個人的に、ですが手書きのパースの方がこのプランに合うかなと思います!

  • 中澤

    今までに無いご提案で、関心が持てる良い内容でした。完成もイメージできました。

  • 沖安

    着眼点が面白いです。1K、ワンルームで壁部分を全面施工となると難しいと思いますが、独創的な部屋になりそうです。

  • 岡林

    猫みたいにのんびりくらしたい、スピッツの曲からデザインを連想されていて、とても素敵な作品だなと思いました!部屋の壁全面に麻シートを貼ってしまうと入居者様も少し使いづらかったりするのかな?と思うので、和室の壁1面に施工するなど、工夫すればとても良い部屋になると思います。

  • 施工スタッフ

    麻シートをどのように取り付けるかが課題です。

評価グラフ

2022/02/24 総評/表彰式

総評

今回で23期をむかえた「StamP!」。
6帖ワンルームの改装提案として、これまで200作品近いご提案をいただいており、ともすれば同じような提案になるのではないかと思われる中、これまでと違った新しく斬新な作品を毎回提案いただけることを、素直にすごいな、と思います。
今回、最優秀賞は田上さんの「じぐざく」。模型の完成度の高さと、これまでにない壁に取り付ける棚のご提案が高評価につながりました。優秀賞の藤井さんの「猫ちぐらみたいな部屋」は、これまでにありそうでなかった歌からインスピレーションを受けてその世界観をお部屋にするという、とても個性的で面白い作品でした。特別賞の武信さんの「浜辺の部屋」は、浜辺の雰囲気をお部屋で感じられるような爽やかな作品でした。

藤井 志月さんがオススメする他の作品

1