脱箱
檀上貴広さん

Profile

建築・インテリア・環境デザインコース
2回生

檀上貴広さん

とりあえずやりきります!!
楽しませていただきました。

趣味

アウトドアスポーツ

好きなもの

映画・本・木工

住んでみたい部屋

天井めっちゃ低い部屋

今のデザイン学科に進んだきっかけ

デザイン修行

他の作品
一人暮らしの大黒柱  [第13期]

第14期

脱箱

  • シンプル
  • モノトーン
  • 意外性
  • 機能美

concept

(中間)若者の和離れに着目。障子をワンルームの区切りとして斜めに設置する
(最終)脱箱

target

動かすのが好きな人

プロジェクト進捗

キックオフ

2017/08/09 中間プレゼン

中間発表が一番キンチョーする!!

提案の説明

ワク毎に表情が変わり、いろんな空間ができる。

審査員コメント

  • 中嶋

    和に着目するのは良い。耐久性や部屋の圧迫感が気になります

  • 沖安

    家具の配置が難しいかもしれません。ワンルームでの実現は大変では

  • 中澤

    コンセプトは良いのでもう少し詰められれば

  • STAY

    施工面は問題ないので、細かい部分の追求をしてほしい

評価グラフ

2017/10/06 最終プレゼン 完成版

檀上貴広さんから一言

”この世は箱でできている”
とっても邪魔で無駄のものだと感じるが、
ある程度の重さを持ち、場所をとる塊は中身のない箱よりは人間味があると思います。
こういう無駄だと思われるものの方が、実際は豊かなものでこれから必要になっていくのではないかと思います。

審査員コメント

評価グラフ

0